パソコン(ソフト)

【Access】VBA内のSQLで抽出後更新すると「抽出条件でデータ型が一致しません」

VBA内でSQLを使って抽出後更新するというシンプルな処理に、

ココに注意

「抽出条件でデータ型が一致しません」

っとなって中々先に進めませんでした。

いつものように、カンマやダブルコーテーションの問題になるのですが、過去の備忘録にもない方法だったので追加備忘録です。

文字列か数値かで記述が違う

過去の備忘録から文字列か、数値かで書き方が違う事は知っていましたので、表示上は数値ですが、文字列フィールドになっていることは分かっていました。

迷惑メール
参考毎日大量の迷惑メールを定期的に一括削除して、普段はGmailで安心利用

  自分が使用している個人メールには、テキストメーラーのBecky!を使ってメールを読み込むと大量の迷惑メールが届いています。   1日で約30通の迷惑メールが届いていますが、 ココがおすすめ Gma ...

続きを見る

文字列でのSQLでの抽出なので下記のようにしました。

SQL = "SELECT * FROM dbo_order WHERE arrange_date = " & Me!arrange_id & ""

「抽出条件でデータ型が一致しません」

となりました。

debug.print SQL で確認すると、

SELECT * FROM dbo_order WHERE arrange_date = 20200806113923

となっています。

ちゃんと数値も入って検索できるはずだと思いますが、何で???

試しに、数値型で実行しても同じエラーで先に進めません。

SQL = "SELECT * FROM dbo_order WHERE arrange_date = " & arrange_id

結局、今回はシングルコーテーデョン

結局今回は、シングルコーテーションを入れることで回避できました。

SQL = "SELECT * FROM dbo_order WHERE arrange_date = '" & arrange_id & "'"

'" & arrange_id & "'"

という感じですね。

同じく

debug.print SQL で確認すると、

SELECT * FROM dbo_order WHERE arrange_date = 20200806113923

エラーが出た時と同じじゃねぇ!

 

ココがポイント

デバッグでの表示内容は、同じなのに、エラーがでる場合と出ない場合との違いがある

のです。

次から無駄な時間をかけないように、この方法も備忘録に残しておきます。

 

-パソコン(ソフト)
-, , , , , ,

Translate »

© 2020 PCTips