OperatingSystem

Windows11の最小システム要件を満たしてない非力Windows10パソコンをアップグレード

Windows11 upgrade

結論から言えば、

ココがポイント

非力パソコンは、Windows11にしても非力でした!

今回の内容としては、Windows11のアップグレードの最小システム要件を満たしてないパソコンをアップグレードする備忘録とします。

 

PCのハード構成

GB-BXBT-2807

実験なので、しばらく使用して無かった小型キューブ型の組立パソコンを使ってみました。

ハード構成

  • GB-BXBT-2807(Intel Celeron N2807
  • メモリ 8GB
  • SSD 256GB

Windows10professionalがインストールされているPCとなります。

ココに注意

CPUが非力すぎるのか、Windows10でもモッサリ動くPC

 

もちろん、Windows11の最小システム要件を満たしておりません。

このPCは現在、Windows11を実行するための最小システム要件を満たしていません

 

(前準備)Windows11のインストールディスク作成

Windows11の最小システム要件を満たしてないPCのアップグレードには、通常のWindowsUpdateでのアップグレードはできないようです。

ココに注意

互換性の確認時点にて、Windows11へのアップグレードが拒否られます

つまり、

最小システム要件を満たしてないPCをWindows11にアップグレードするには、確実にWindows11のインストールディスクが必要になります。

Windows11のインストールディスクの作成方法は、8GB以上のUSBメモリを準備して下記の手順で作成しました。

(1)Windows11のISOファイルを取得https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11からダウンロード)

(2)USBメモリにISOファイルを書き込む※Rufusを使用して書き込みしました。

Rufusを使ってイメージファイルをUSBメモリに書き込みHiveOSを起動させる

 

ISOファイルは、5GB程ありますので、自分のネット環境では、15分程かかりました。

書き込みも15分程度かかり、合計30分程度でWindows11のインストールディスクが作成できました。

 

Windows11のアップグレードできない!?

Windows10のファイルやソフトを、Windows11でも使えるように、OSだけアップグレードする方法を模索しました。

Windows10のレジストリをいじらないとシステム要件をスルーすることができないようです。

 

Windows11 upgrade

いろんなサイトを調べると、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setupの、MoSetupにスルーさせる為のキーを設置する方法とか、LabConfigに設置する方法とか、Setupに直接設置する方法などがあったが、どれも、TPM2.0で引っかかってしまいました。

TMP2.0

どうも調べて見ると、

ココがダメ

TMP1.2以上でないとTMPの回避はできない

ということらしいです。

 

しかたなく、Windows11のインストールディスクからブートしてみると、途中の選択において、アップグレードと新規インストールの選択にて、

ココに注意

アップグレード選択すると、新規インストールしかできない

というようなメッセージになりました。

 

Windows11に新規インストール可能

結局は、ソフトやファイルを引き継ぐアップグレードはできませんが、新規でWindows11をインストールするなら、最小システム要件を満たしてなくてもインストール可能であることが分かりました。

下記の外部リンクサイトに詳細のインストール手順が書いてありますので参考にどうぞ。

 

簡単に手順を説明すると、

(1)Windows11のUSBインストールディスクからブート起動

(2)最初のセットアップ画面にてコマンド画面起動(SHIFT+F10)

(3)レジストリに、キーを追加

Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\LabConfig]
"BypassTPMCheck"=dword:00000001
"BypassSecureBootCheck"=dword:00000001
"BypassRAMCheck"=dword:00000001
"BypassStorageCheck"=dword:00000001
"BypassCPUCheck"=dword:00000001

 

(4)途中選択にて、新規(カスタム・Windowsのみをインストールする)を選択

(5)Windows10のマイクロソフトライセンスを入力

あとは画面に出てくる手順通りに進めばインストールが完了しました。

 

ローカルアカウントでも起動可能

ある情報から、Windows11には、マイクロソフトアカウントが必要だということでしたが、実験なので、わざわざダミーのアカウントを発行させるのもメンドクサイので、ローカルアカウントで起動できないものか試してみました。

Windows11 ローカルアカウント

オフラインアカウントを選択すると、マイクロソフトアカウントが無くてもWindows11を起動させることができました。

 

非力Windows10PCをWindows11にする意味がない

自分の考えてとしては、現在Windows10で使用しているパソコンに関しては、Windows11にする予定はありません。

最小システム要件を満たしていないという理由もありますが、

ココがポイント

Windows11にする理由がない

という理由もあります。

何不自由なく、Windows10にてPCを使用しているならWindows11にする必要性が全くないのです。

細かく調べればWindows11にしかない新機能もあると思いますが、緊急性がないのです。

そんな状態なので、

ココに注意

非力なWindows10をWindows11にする意味も全く無く、非力なPCは非力な状態のまま

です。

Windows11にしても改善なし

Windows11にしたところで、Windows10の段階で、もっさりしているようなPCは改善する事はありません。

 

Windows11にはハードの入替時期に導入

調べてみると

注意ポイント

Windows10のサポート期限は、2025年10月14日

ということなので、2022年の現在から、あと3年は現状で行けるということですかね。

ちなみに、Windows10は、バージョンによってアップデートできなくなる期限があるので下記のサイトを参考にWindowsUpdateをしたほうが無難です。

WindowsUpdateが酷すぎて迷惑だが、使わざるを得ない現実

 

自分が、Windows11にするタイミングとしては、ハード的に格段に優れているパーツが出てきたタイミングだと考えています。

それまでは、Windows10を使い続けたいと思っています。また、Windows10のサポート期限が来ても欲しいパーツが無かったら、今回のような手法を使ってWindows11にするかもしれません。

Windows11

 

(追記)最も簡単にWindows11にアップグレードする方法

クリーンインストールしなくても、現状の非力パソコンをWindows11に最も簡単にアップグレードする方法を見つけました。

しかし、結論から言えば、アップグレードできるかもしれませんが、

ココに注意

非力パソコンをWindows11にアップグレードしても意味が無い

という事です。システム要件を満たさなくてもパワーがあるパソコンならWindows11にする意味がありますが、非力パソコンは本当に意味がないと思います。

また、最も簡単な方法でのWindows11にアップグレードは完全に自己責任なのも注意が必要です。

Windows11の最小システム要件を満たしてないパソコンを最も簡単な方法でアップグレード

 

-OperatingSystem
-, , , , , , , , ,

Translate »

© 2022 PCTips