Server

Windows10版XAMPPにLaravelをインストールする

laravel

前回は、PHP開発環境を作りたくて、Windows10にXAMPPをインストールしました。

Windows10にXAMPPをインストール【PHP開発環境】

今回は、

ココがポイント

LaravelというPHPのフレームワークをインストール

してみたいと思います。

フレームワーク(アプリケーションフレームワーク)とは、アプリケーション開発の際に土台となるソフトウェアのことです。アプリケーションの枠組み・骨組み・構造部になるため、一般的にはフレームワーク内に必要な機能を追加しながら開発を進めます。
Webアプリケーションフレームワークやユーティリティ系フレームワークなど、用途に応じていくつかの種類が存在しています。さらに、高い汎用性・充実した機能性・限定的な機能で軽量など様々なタイプがあります。(引用:Acrovision

 

XAMPPの前設定

上のサイトを参考に設定を参考に設定を進めさせて頂きました。

 

どうやら、XAMPPをインストールしてからの設定があるようなのでやってみる事にしました。

php.iniを開いてタイムゾーンを東京に変更するようです。

XAMPP

 

コントロールパネルからも開くことができるようですが、

C:\xampp\php

のフォルダーの中に、php.iniがあります。

XAMPP

 

つづいて、MySQLのmy.iniを編集するようです。コントロールパネルから行けますが、

C:\xampp\mysql\bin

のフォルダー内に存在していました。

下記のコードを追加しました。

[client] default-character-set=utf8 [mysqld] character-set-server=utf8

XAMPP

以上でXAMPPの初期設定はOKのようです。

 

Composerをインストール

Composerのダウンロードサイトからセットアッププログラムをダウンロードして実行しました。

途中、Add This PHP to your path?と出てきたので、チェックをしれました。パスを通しておいた方がいいかなーって感じです。

Composerインストール

インストールが完了したので、Windows10のコマンドプロンプト(CMD)を開いてバージョンの確認をしました。

Composerインストール

 

Node.jsのインストール

Laravelのインストール時に必ず付いてくるインストールしておいた方が良いというNode.jsというのがあります。

「Node.js = サーバサイドJavaScript」という事のようですが、今一つ詳細はわかりませんが、入れておいた方が良さそうなのでインストールしておくことにしました。

公式サイトからインストーラーをダウンロードして実行しました。

Node.js

推奨版をインストールしてみました。

これは、C:\Program Files\nodejsにインストールされました。

PowerShellを起動させて下記のようになればOKのようです。

Node.js

 

 

Laravelの新規プロジェクト作成

Laravelのプロジェクトを置く場所を作成しました。

C:\xampp\htdocs\laravel

下記のコマンドでディレクトリ(フォルダー)の移動して、新規プロジェクト(testにしました)の作成

cd /xampp/htdocs/laravel
composer create-project --prefer-dist laravel/laravel testproject

 

なんやらコニョゴニョトインストールしている時間1分程度すると下記の様な画面になり終了しました。

Composerインストール

 

Laravelプロジェクトにアクセス

http://localhost/laravel/test/public/

上記にアクセスしてみると、

Laravel

上の画面は、既にApacheが動いているので、見る事が出来たって事のようです。

Apacheをストップするともちろん接続がきれました。

Laravelには、簡易的なWEBサーバーがあるようなので、起動してみました。

Laravel

http://127.0.0.1:8000

でLaravel起動の画面を見る事ができました。

 

これでLaravelのプロジェクトを作成することができたので、次回は何か簡単なアプリを作成してみたいと思います。

 

 

-Server
-, , , , , ,

Translate »

© 2022 PCTips