Server

Windows10にLaravel開発環境をVirtualBoxで仮想マシンで準備(失敗編)

 

Windows10にLaravel開発環境をVirtualBoxを使って仮想マシンに構築してみました。

何を習得したらいいのか?Laravel?何それ?開発環境は?

 

VirtualBox、Vagrant、gitのインストール

事前に調べた通り、VirtualBoxVagrantgitのインストールをそれぞれのページからダウンロードしてインストールしました。

【2020年8月28日現在の最新版】
VirtualBox 6.1.12
Vagrant 2.2.10
Git 2.28.0

Gitのインストール時に色々と選択項目があるので、下記のサイトを参考に進めた。

手順通りに進めてみる

有志のホームページに優しく手順が書いてあるので、その順番で進めてみました。

(1)git bashを起動して、Vagrantにboxを追加する

vagrant box add laravel/homestead

この処理は結構時間が必要になるようです。

私のPC環境で、約40分ほどかかりました。

(2)homesteadのリポジトリをCloneする

何のこっちゃ!?

リポジトリってのが保管庫や倉庫って意味だから、homesteadのファイルをクローンする。

つまり、コピーするってことでしょうかね。

※PCのユーザーフォルダ内に、Homesteadができる。

git clone https://github.com/laravel/homestead.git Homestead

(3)Homesteadに移動しファイルの確認

cd Homestead

(4)init.shを実行

$bash init.sh

Homestead initialized!がでる。

(5)Homestead.yamlを編集

foldersとsitesを編集

(6)D:\homestead\Laravel\test\publicnのディレクトリ作成

sites:toの/home/vagrant/Code/test/publicは、ローカル上のディレクトリD:\homestead\Laravel\test\publicのことであると読み替えるので、ディレクトリを作成する。???

(7)鍵を作成する

Enter passphrase と Enter same passphrese againと出てきましたが、そのままEnterで何も入力しませんでした。

秘密鍵(id_rsa)と 公開鍵(id_rsa.pub)というのが作られました。

(8)hostsを書き換える

Hostsファイルの場所「C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts」を管理者権限のメモ帳で書き換えました。

(9)vagrantを起動する

ココに注意

エラーが大量に出て行止り

ネットで検索してもエラーの意味が分かりません。

通常のコマンドプロンプトで実行

ココに注意

git bashでコマンド作業をするのかと勘違いしていたようです!

通常のコマンドプロンプトから作業したらスンナリうまく進み始めました。

(10)Laravelのインストール

Laravelも頻繁にバージョンが変わっているようですね。

いったい、どのバージョンをインストールすればよいのか?

現時点の最も最新は、8系のようですが、上のサイトを参考にさせていただくと6系がお勧めとか。

じゃ、間をとって7をインストールすることにしました。

通常のコマンドプロンプトから、

$ vagrant ssh
$ cd .composer
$ composer create-project "laravel/laravel=7.*" abc

現時点の失敗をまとめて次へ生かそう!

有志の参考になるページを見ながら同じ手順を進んでいるつもりですが、LaravelのWEB表示ができません。

 

もう混乱しています!!

ココがダメ

Git BashとWindows10のコマンドプロンプトの違いも判りません。

 

ここで冷静になり次に生かせるように現時点のまとめをしておこうと思います。

 

手順の(1)~(4)までは問題ないと予想しています。

この時点で、VirtualBoxにLaravel Homesteadのファイルが追加され「Homestead initialized!」でいいはずです。

問題は、(5)のHomestead.yamlの編集と(6)のlaravelをインストールするディレクトリ関係

で何かミスったと思います。

 

ポイントは、Windows10のどこにコピーされたのか!?

C:\Users\ユーザー名\Homestead

ということです。その中に、Homestead.yamlなどの設定ファイルが入っています。

 

そして、sshや、laravelをインストールしたファイルはWindows10のどこにあるのか!?

sshのキーは、C:\Users\ユーザー名\.ssh

にあるようです。

 

曲者は、Homestead.yamlの中の設定であるfoldersとsitesの意味

foldersは、仮想環境とWindows10とで同期されるフォルダーらしい。

 

つまり、map: ~/codeってのは?

このチルダ(~)ってのが曲者で、ユーザーのホームディレクトリを現わすらしい。

つまり、C:\Users\ユーザー名\code

ってこと???前もって作っておけと説明あります。

※Dドライブに作成している人もいた。特に場所の決まりはないのか?

※このcodeディレクトリの解説が、VM(バーチャルマシン)の方にも作成するのか?と勘違いする。

 

どうもLaravelのインストールする時の、

$ composer create-project "laravel/laravel=7.*" test

testってやると、VM(バーチャルマシン)の方の /home/vagrant/code内にtestのディレクトリが作成されインストールされるようです。また、その中のpublicがWEB表示の初期画面になるようです。

 

sitesは、mapはドメインで、toはドキュメントルート(code内にインストールされたtestのpublic)らしい。

 

このcodeというディレクトリをどこに作成するのかで迷子になってしまったようです。

 

次のブログ内でこの部分を冷静に考えて再度チャレンジしてみたいと思います。

 

-Server
-, , , , ,

Translate »

© 2020 PCTips