OperatingSystem

通常アップグレードできないWindows7をWindows10にアップグレード

 

私のノートパソコンは東芝製の2011年製のモバイル用として購入したノートになります。

Windows10が出始めた頃、

注意ポイント

アップグレードしようとしたら、パソコンの性能が足りない為にアップグレードができませんでした。

もう諦めて放置していましたが、

ココがポイント

Windows7のサポート期限が迫っているので試しにクリーンインストール

してみました。

 

 

通常アップグレード

 

ちなみに、Windows7のパソコンの通常アップグレードは、下記のサイトにアクセスして

URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

ツールをダウンロードして、それを実行していけばアップグレードしていく。

参考サイトを掲載しておきます。

 

私のノートパソコンは、上記の方法ではアップグレードできませんでした。

 



USB起動ディスクにてクリーンインストール

 

組立パソコンなどもやるので、正規のWindows10のインストールUSBを持っていました。

このUSBを使って現在のノートパソコンをまっさらにしたWindows10への行為をしました。

ココがポイント

つまり、Windows10の初期化ですね。

 

私の東芝のノートパソコンの場合は、Windows10のUSBメモリを突っ込んで再起動している段階で、

F12」キーを叩くと、起動ドライブの選択画面が出てきます。

USBメモリに指定して実行していけば、後は流れに沿って進むだけです。

 

インストール最初に、

注意ポイント

ライセンスキーの入力を求められますが、ある情報からスキップして先に進みました。

 

※同時に2台のパソコンを初期化していましたが、1台は上記の方法でライセンス認証できましたが、東芝のノートパソコンの方はできませんでした。

 

 

ライセンス認証で弾かれた!!

 

ライセンスは、ノートパソコンの裏側に貼ってある

ココがポイント

正規のWindows7のライセンス

です。

 

ちなみに、もう1台の古い富士通製のパソコンの方は、ライセンス認証は普通に通過しました。

 

認証されていないとコントロールパネルにもメッセージがでていました。


初期化中にライセンスを入力してみた!

 

Windows10の初期化時の

ポイント

最初のライセンス認証でスキップしないで、Windows7のライセンスを入力

してみました。

 

何事もなかったように、すんなりとWindows10にアップグレード終わり、コントロールパネルより認証を調べたら、

ポイント

Windowsはライセンス認証されています

というありがたい文章を拝むことができました。

 



クリーインストールでWindows10へ

完全にゴミになっていたWindows7のノートパソコンを、Windows10にした!

 

通常の方法では、Windows10へのアップグレードできないパソコンでも、クリーンインストール(初期化)すれば、Windows10へアップグレードできることが分かりました。

 

ただし、

クリーンインストールですから、Windows10以外のソフトなどは全て再インストールが必要

です。

また、インストール後は、

データなどもパソコンからは消えていますので、バックアップから

戻さないとなりません。

そして、昔のパソコンですとWindows10にすることで動作が重くなる場合があります。

なので、個人的なお勧めとしては、

ココがおすすめ

HDD(ハードディスク)からSSDへの載せ替えや、メモリの増設(最低4GB以上)は同時にやっておきたい作業

かと思います。

 

いずれにしても、

廃棄待ちのノートパソコンが2台復活したことは素晴らしい事

だと思います。

 

ぜひ、

ココに注意

Windows7のサポート期限が、2020年1月14日

なので、まだアップグレードしてない方はWindows10へアップグレードした方が良いかと思います。

 

また、期限を過ぎても、アップグレードできるかもしれませんので、期限を過ぎたからといってあきらめない事も必要ですね。

 

 

 

 

 

-OperatingSystem
-, , , , ,

© 2020 PCTips