インターネット

Windows10端末からVPN接続するとインターネット接続ができなくなる対策

さくらインターネットにて、クラウド上にVPN接続するために、VPCサーバーを構築して、WindowsServerにインストールしたSqlServerに接続する方法から某システムの開発をしていましたが、自宅でも開発が進められるようにとVPN接続しようとしたら接続できませんでした。

やっと接続できるようになったらインターネット接続(ブラウザから閲覧)ができないという障害になり、その対策として分かったことを記事にしてみました。

自宅だとVPN接続ができない

会社のWindows10のパソコンと同じ構成にて、自宅でも設定しましたが、VPN接続ができませんでした。

詳細と説明すると、完全にできない訳ではなく、

ココに注意

たまに接続できたと思ったら数分後に切断されて、その後は、様々なエラー表示

になり接続できなくなります。

VPN設定をリセットして再度やると接続できる場合とできない場合とあり、接続できてもスグに切断されて、その後は様々なエラーになりリピート状態でした。

自宅の環境は、 IPv4 over IPv6接続

会社のインターネット環境と唯一の相違は、プロバイダが違う事であり、ネット接続が、ルータの設定が必要のない、GMOBBのV6プラスというサービスを利用しています。

「v6プラス」は、NTT東日本・NTT西日本が提供する「次世代ネットワーク(NGN)」をアクセス回線として、従来の接続方式である「PPPoE接続」ではなく、IPv6にもIPv4にも使える「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」にてインターネット接続機能を提供いたします。
フレッツ光ネクストの網内(NGN)は1Gbps以上が出る構成となっていますが、フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプでは、「PPPoE接続方式」に対してはNGN側で下り最大200Mbpsの帯域制限をかけています。一方で、 「IPv6 IPoE接続方式」に対してはNGN側で帯域制限をかけていないため、アクセス回線区間のスペックである下り最大1Gbpsになります。
GMOとくとくBBの「v6プラス」の場合、「IPv6 IPoE接続方式」で提供するIPv6ネットワーク上に、トンネリング方式によってIPv4通信をおこなうため、IPv6ネットワーク上でIPv4のインターネットアクセスも可能となり、IPv6およびIPv4インターネット接続共に下り最大1Gbps※での通信が可能となります。(引用:GMOBB

出典(GMOBB)


 

つまり、NTTのフレッツ光などを使っていて通常のプロバイダ設定をして使用しているよりも、IPv6にもIPv4にも両‿対応して、

 

ココがおすすめ

めっちゃ早くインターネット接続が可能になる

っていうサービスです。

 

このサービスにしてから、自宅動画もサクサクと視聴可能にはなっていました。

※視聴するサイトがIPv6対応のサービスをやっている場合に限る。

 

 

話は元に戻しますが、つまり、会社とのインターネット環境の違いは、このサービスの違いになりますので、IPv6プラスの影響でVPN接続ができないと考えました。

 

ココに注意

実際はVPN接続なので全く関係ありません

 

 

 

 

自宅ネット環境でもVPN接続可能

 

色々とやって半ばあきらめかけていましたが、ネット環境の違いでダメだったわけではなく設定にて接続可能になりました。

Windows10側の接続設定は、下記のサイトを参考にやりました。

※レジストリの設定はやっていません。

 

しかし、この状態での設定では、会社では接続できても、自宅では接続できませんでした。

 

イーサネット以外に、VPN接続設定が他に2つあります。

VPNを接続すると、通常のネット接続(ブラウザ閲覧)ができなくなるので、TCP/IPv4の詳細設定から、自動メトリックを解除して、それぞれのアダプタに対して優先順位を振っていきました。

通常のイーサネットを「1」として、今回設定のVPNアダプタを、「2」にして、以前から使用しているVPNアダプタを「3」にしました。

ココに注意

上記の情報は間違いのようです!

全て、自動メトリックに変更しなおしました。

その理由の詳細は、Microsoftサポートをご確認ください。






注意ポイント

この状態でも、パソコン起動して、最初だけ接続できますが、数分して切断され、2回目は接続できないという現象にぶち当たりダメでした。

VPN接続するとインターネットが切れる対策

 

VPNアダプタのIP設定にて、「リモートネットワークでデフォルトゲートウエイを使う」にチェックが入っているとVPNを接続したときに通常のアダプタよりも優先されてインターネット接続できないらしい。

詳細は、マイクロソフトのサポートページを参考にしてみてください。

 

 

自宅だとVPNが接続できない本当の原因

 

ココがダメ

ここまで記事を引っ張ってしまって申し訳ありません。

 

 

注意ポイント

本当に不思議な現象で、パソコンを起動して、1回目はVPN接続できて、2回目から様々なエラーで接続できなくなります。1回目の接続も、数分すると切れるという不思議な状態でした。

 

ココがポイント

本当に原因は、IPを設定したら回復

 

しました。

 

 

 

L2TP/IPsecサーバ設定にて、動的割り当てとあったので、DHCPサーバと勘違いしました。

ココがポイント

端末側は、固定IPを振らないとダメみたいですね。

 

端末側のIP4に動的範囲内の固定IPを設定したら問題なく接続できるようになりました。

 

 

-インターネット
-, , , ,

Translate »

© 2020 PCTips