パソコン(ソフト)

Claris FileMaker Pro 19 を45日間試用

Claris FileMaker Pro 19 を45日間試用

FileMakerPro6を使う機会があり、ちょっと興味が出たので最新版のバージョン19を試用してみました。

 

45日間試用できるらしい!

45日間最新版のFileMaker Pro 19を試用できるようなのでインストールすることにしました。

最初からCloudで試用してみようと考えましたが、Cloudの方は、下記の様な制限があるようです。

評価版の提供は、ボリュームライセンスでご契約またはパッケージ製品でご購入いただくなど、すでに FileMaker Pro でカスタム App を構築されており、FileMaker Cloud に fmp12 ファイルをアップロードする準備が完了しているお客様を対象とさせて頂いております。

 

つまり、FileMaker Pro 19 でオリジナルのAppを作成しなければならないって事ですね。

ということで、FileMaker Pro 19 をインストールして簡単なAppを作成して見る事にしました。

最初にインストールですが、下記の様な情報を入力させられます。

FileMaker Pro 19 を45日間試用

 

ダウンロードファイルをクリックしてインストールすると、2回も評価版の選択がありました。

FileMaker Pro 19 を45日間試用

FileMaker Pro 19 を45日間試用

評価版を開始すると下記の様な画面が起動しました。

FileMaker Pro 19 を45日間試用

 

簡単な住所録を作成

FileMaker 19 スーパーリファレンス Windows & macOS & iOS対応」という本を購入してみました。

FileMaker 19 スーパーリファレンス Windows & macOS & iOS対

その本の中に、「住所録を作ってみよう」というのがありますので、試しに作成して基本操作を学んでみたいと思います。

新規作成にてデータベース住所録を作成しました。

FileMakerPro19 住所録作成

 

実際に、住所録を作成してみたいと思いますが、記事が長くなりそうなので別のブログにて解説したいと思います。

 

FileMakerPro19で期待する事

ココがポイント

普段は、マイクロソフトデータベースAccessを使用

していますので、FileMakerPro19で期待している事があります。

それは、Accessでは実現が難しいWEBでの作業になります。

ASP.NETなどを使えばWEB上でも作業できるようになりますが、Accessだけで実現させることは難しいと思っています。

ASP.NETも自分にとっては壁が高くて中々理解しずらい開発環境でした。

 

ところが、FileMakerPro19の場合は、

ポイント

  • パソコンなどのWEBで作業ができる FileMaker WebDirect
  • iPadやiPhone用のアプリで作業ができる FileMaker Go

というのがあるようなのです。

FileMaker WebDirect

 

なんか簡単にWEBやモバイルでも仕組みができそうな気がしますね。

その辺も含めて試用しながらバージョンアップさせて実験してみたいと思います。

 

もし、WEBやスマホ・タブレットから作業ができるとすれば、FileMakerに乗り換えるかもしれませんね。

-パソコン(ソフト)
-, , , , ,

Translate »

© 2022 PCTips