データベース パソコン(ソフト)

【Access】既に使用されているので、使用できませんでした。

配布するために、accdeファイルに名前を付けて保存すると、

ココがダメ

「ファイル名」は既に使用されているので、使用できませんでした。

となりaccdeファイルが作成できませんでした。

 

32ビット版から64ビット版のaccdeファイルを作成

マイクロソフトのアクセス(以下Access)で作成したaccdbファイルを配布用にしようと考えて、Access2019(32ビットでインストール)からaccdeファイルを名前を付けて保存にて作成すると問題なくaccdeファイルが作成されました。

【Access】既に使用されているので、使用できませんでした。

 

次に、64ビット版Accessでも使えるように、Microsoft365でのAccess(64ビット確認済)のパソコン環境にて、accdbファイルを読み込んだ後、同じように名前を付けて保存にて、accdeファイルに保存するとエラーが出ました。

【Access】既に使用されているので、使用できませんでした。

【Access】既に使用されているので、使用できませんでした。

 

 

Accessのアップデート

よくあるのが、WindowsUpdateで回復できるケースがあるので、まずはAccessのバージョンを調べてみました。

Access バージョン確認

 

自分のAccessのバージョンは、2208のようですが、

Microsoft 365 Apps の更新履歴 (日付別の一覧)を確認すると最新であることが確認できました。

とりあえず、Office更新プログラムを実行しました。

Access バージョン確認

 

Officeは最新の状態のようですが、症状は改善できませんでした。

 

原因は不明だが解決

その後、Windows11の、WindowsUpdateを手動で行い最新にまでアップデートしても症状は変わらず

ココがダメ

全く原因が不明です!

 

ネットで調べて見ても、accdeファイルの名前を付けて保存ではないものの、同じ様な症状で困っている人が記事を上げていましたが、

結局、Windowsの初期化とか、WindowsUpdateのパッチを削除するとか、WindowsやOfficeの更新をするなどの策であり、簡単に修復できるような策では無いようでした。

 

とりあえず、Windows11のノートパソコンでMicrosoft365が入っているAccessにて、同じことをやってみました。

何事も無く、accdeファイルが作成することができました。

ココに注意

原因不明だが、パソコン変えたらできた!

 

まえまえから、マイクロソフトのWindowsにはアップデートする度に不具合がでて泣かされてきましたが、今回もその類のエラーなのかもしれません。

ちなみに、今回エラーが出たディスクトップパソコンも、成功したノートパソコンも、ソフトのバージョンに関しては同じ状態です。

マイクロソフト様には色々と今までWindowsでお世話になっていますが、定期的にしでかすので困りますね。

 

【Access】いきなり酷いよ!Microsoft365使用しているパソコンだけリンクテーブル#Deleted接続エラー

WindowsUpdateが酷すぎて迷惑だが、使わざるを得ない現実

 

-データベース, パソコン(ソフト)
-, , , , , , , ,

Translate »

© 2022 PCTips