パソコン(ハード)

Ryzen5(3400G)は、グラフィックボードに匹敵するマイニング性能を出せる!

ビットコインが上昇している今日この頃、毎日数百円のマイニング(採掘)を始めた自分です。

ココに注意

ビットコインで儲けるなんていう夢の話は、本当に夢

でしかありませんが、パソコン好きな自分としては、パソコンのパーツの性能を比較したり、調べたりすることで何気に楽しんでいます。

マイニングにはグラフィックボードが欠かせませんが、グラフィック機能を搭載した、Ryzen5(3400G)は、1つのグラフィックカードとして認識してくれました。

実験パソコン構成情報

 

とりあえず、現在落ち着いているパソコンパーツ構成を記載しておきます。

参考(Woker1)

 

参考(Woker2)

 

つまり、現時点では、2台のパソコンが24時間マイニング稼働している状態です。


 



マザーボードによってはグラボ認識しない?

 

じつは最初の構成は、

でしたが、ビットコインマイニングソフト(nicehash)においてグラフィックカード(以下グラボ)の認識をしてくれませんでした。

きっと認識できないんだろう!?って思いながらもマザーボードを

に変更したら、グラボとして認識してくれました。

最近、グラボの需要が増えているようでなかなか手に入らないので、

ココがポイント

この構成で1枚のグラボとして認識してくれるのはリーズナブル

ですね。



Ryzen5(3400G)のグラフィック性能

マイニングに置いては、nicehashのページから性能を見てみると、グラボと採掘能力は変わらないようです。

マイニング比較

とりあえず、上の映像のようになっていますが、Woker1とWoker2というパソコン構成での性能は、頻繁に入れ替わります。

パソコン構成では、1CPU+2グラボと、1CPU(GPU搭載)+1グラボと同じ採掘能力ということです。

ちなみに、グラボは同じような性能の物で揃えています。

 



ゲームで使用するならグラボ必要

あとでベンチマークした結果などを動画にしますが、Ryzen5(3400G)のグラフィック機能で映像の綺麗なゲームをしようとすると、

ココに注意

鈍くてゲームできないレベル

という結果になりました。

つまり、やっぱりゲームとしてパソコンを使用するなら、それなりの性能のグラボが必要だってことがわかりました。

マイニングとしての1グラボとしての利用なら有ですね。

 

 

-パソコン(ハード)
-, , , , , , , ,

Translate »

© 2021 PCTips