セキュリティ Server

WEBサーバーSSL証明書【Netowl】の更新作業

SSL証明書 netowl

3年前にホームページにSSL認証を設定してから期限日が近づいてきていました。

いつもは期限切れになって、ホームページが見られなくなってから気づきます。

今回は、1週間前に気づいたので更新作業をしてみたいと思います。

 

NetowlのSSL BOX

sslbox

自分の場合は、現在は、NetowlのSSLBOXというサービスを使ってホームページをSSL認証を設置しています。

以前は、他のサービスも使用していましたが、

ココがポイント

コスト的にも使い勝手的にも便利なのでSSLBOXに統一

しました。

 

SSLBOX更新

SSLBOX

更新申込」ボタンをクリックすると、上のような画像がでてきました。

自分の場合は、他社のレンタルサーバーでWEBサーバーは動いているので「他社サーバーで利用する」をクリックしました。

SSLBOX

上のような画面がでてきましたが・・・

ココに注意

1年更新しかできないの?

どこにも複数年を設定する項目が見当たりません。

とりあえず、プリペイド残高が残っていたのでプリペイド支払にして次に進むことにしました。

 

SSLBOX

あれ?この他に何かやるんだっけ???

サーバーに何か設定したような・・・。

引き続き更新申請を行う」をクリックしました。

 

更新申請

どうも更新と言っても最初からサーバーにも設定しないとダメなようですね。

SSLBOX

SSLBOX

どっかで見たような画面ですが、すっかり忘れています。

過去のブログを参考に進めてみました。

ちなみに、WEBサーバーは、さくらのレンタルサーバーを使っています。

さくらのレンタルサーバーにSSL認証付きドメインを引越した時の話

 

SSLBOX

このCSRの内容をコピーして、更新申請の「CSR入力欄」にペーストして次へ進みました。

CSR解析情報、申請登録情報などの画面になりましたが、特に変更はないので、次へ進みました。

SSLBOX

承認用メールアドレスが、admin@・・・・という制限がありますので注意が必要ですね。

更新なので、自分の場合は、既にadmin@・・・というメールアドレスを発行して、転送しています。

メールの内容は下記になります。

 

SSLBOX

記載のあるURLにアクセスして、コードを入れると認証されました。

SSLBOX

これで終わりじゃなかった!?

 

 

証明書のインストール

どうも昔のブログを読み返しているWEBサーバーの方に、証明書をインストールという作業がありました。

SSLBOX

Netowlの管理ページからCERT(SSL証明書)をダウンロードすると、テキストファイル内に、CSRのような暗号文字の羅列があったので、コピーして、

WEBサーバーの方の「証明書再インストール」にペーストして貼り付けしました。

SSL証明書インストール

SSL証明書インストール

すると、WEBサーバーのSSL証明書の表示の有効期限が、更新されました。

 

Chromeから確認

以前は簡単に証明書の有効期限が見られたように思えますが、なかなか場所が見つかりません。

ココに注意

隠れていました!

SSL証明書 有効期限確認

 

SSL証明書 有効期限確認

 

SSL証明書 有効期限確認

しっかりと有効期限が更新できたようです。

 

 

SSL証明書は1年毎なの?

ココがダメ

こんなメンドクサイ作業を毎年やるのはどうなの?

 

複数年契約は無いものかと、Netowlのサポートにメールで質問させていただきました。

以下が回答になります。

返信回答mメモ

お問合せいただきましてありがとうございます。

ご希望に添えず申し訳ございませんが、独自SSL証明書は
1年ごとの契約となります。

複数年での更新はできない仕様となります。

悪しからずご容赦のほどお願いいたします。

 

あーメンドクサイ!!

 

良く調べてみると、1年毎の更新は、Netowlだけじゃないようです。

ココに注意

2020年9月からSSL証明書の有効期間は最大1年

いろいろとセキュリティ問題などから、1年毎にしたんでしょうね。

-セキュリティ, Server
-, , , , , ,

Translate »

© 2022 PCTips