パソコン(ハード)

超静音パソコンながら高性能!ポイントは驚異の水冷式CPUファンだった!

更新日:

私のパソコンは、いままでほぼ自作です。さすがにノートパソコンの場合は別ですが、主に作業するディスクトップパソコンの場合は自作パソコンを使っています。

自作と言っても、パーツを組み合わせて作り上げるパソコンなので、組立パソコンといった方があっているかもしれません。

組み立てた人ならわかるかと思いますが、そんなに難しい作業ではなく、自分の好きな部品を買ってきて組み上げるだけです。

ただ、部品ごとにメーカーが違ったりしますので相性という問題はつきものですが、最近では、VGAボード(グラフィックカード:映像を出力する部品)や音源ボード、LANボードといった、ひと昔なら別々のパーツだったものが、ほとんどオンボードといって、マザーボード(パソコンの基盤)についていますので、相性の問題も低くなっています。

気を付けることと言えば、ほとんどが海外製なので初期不良の返品交換期間に注意したり、メモリやDVDの相性などは今もあるので注意が必要です。

昔と比べれば本当に相性の問題もなく、おりこうさんに組み上がってから、Windows10などのOS(オペレーションシステム)のソフトをインストールすれば、パソコンとして動き出します。
早ければ、3時間もあれば1台のパソコンが動き出すことが可能です。

わざわざ、組まなくてもメーカー物を購入すればいいんじゃないの?って思われるでしょうが、自作の場合は、下記のような利点があります。

(1)自分の好きな構成が組めるので用途に応じて予算をかけるパーツを選択することができる。
ワード、エクセルなどのオフィスで使うようなレベルなら、本当に低予算で問題ないのです。

(2)CMアプリケーションを含めた無駄なソフトが入ってないので使いやすい。
最初からディスクトップ(パソコンの画面上)に沢山のアイコン(起動ボタン)があり、何を使っていいのかもわからず邪魔な場合が良くあります。

(3)無駄なソフトが入ってないので、パソコン自体の起動や動作が軽い。
メーカー物は、オンラインでサポートプログラムが常駐(メモリを使って裏側で稼働)しているので、動作が重かったりします。

(4)自作しているので、故障の場合、どの部品を交換すればいいのかわかる。

(5)パーツを交換するだけで、最新機種に変身させられる。
予算の関係上、安いパーツで組み上げても、お金ができた時に、欲しい機能のパーツだけ交換することも可能である。

このように、組み立てパソコンの場合は、いろいろな利点がある。もちろん、パーツ保証はあっても、パソコン自体の保証はないが、そんなことは全く問題ありません。

さて、私の場合は、動画を作成するために、どうしても高性能のCPU(計算する頭脳の部品)が必要でした。
特性上、CPUが脳性脳になればなるほど、クロック周波数が高くなり、それなりの熱を放出することになります。
そうなると、高性能のパソコンであるほど、CPUファン(頭脳を冷やす役目)が高速回転して一生懸命に冷やそうとする訳です。
よく、CPUファンがうなっているノートパソコンありますね。

でも、うるさいパソコンは嫌いです。
CPUファンや、電源ファン(電源部分にもヒートシンクという冷やす部品があり、それに風をあてて冷やしています。)がうなっている状態では、作業するにも気分が良くありません。

つまり、私が欲しいパソコンは、高性能であって静かなパソコンです。

その辺を踏まえて、高性能イコール熱対策から、水冷式CPUファンを購入しました。

これは、パソコン筐体の中に、すごい存在感をもたらせるパーツですが、CPUをめっちゃ冷やしてくれるので熱暴走などありえません。

また、排気する大型ファンは、2つの選択モード(Hight  Low)があり、私は静かな遅い方を選択していますが、全く問題ありません。音の方は、何かが回っているなって程度で本当に気にならないファン音です。

あと、騒音パーツは、電源になります。なので、電源は、ファンレス電源にしました。

CPUでほとんど熱がでないので、電源ファンからパソコン内の熱を吸い込み逃がす必要がありません。

SilverStone ファンレス電源 520W 80PLUS Platinum SST-NJ520
価格:24692円(税込、送料無料) (2018/1/19時点)

そして、CPUは、あこがれの、Core-i7 ですね。4つのコア(計算する部分)があり、8スレッド(1つのコアで8つの仕事を同時にできるよ)

私が購入したのは、安い方のCore-i7になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Intel Core i7 7700T BOX 2.90 GHz/4コア/8スレッド/35W/LGA1151 リテールBOX CPU
価格:37496円(税込、送料無料) (2018/1/19時点)

その他、メモリ8Gを2枚、DVDドライブを購入。なぜか、マザーボードはケチって、

下の物にしましたが、使用に全く問題ありません。ダメなら買いなおしでもダメージ少ない金額ですね。

このようにして、組み合わせ、Window10をインストールしたらパソコンの出来上がりです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Windows 10 Pro 日本語版
価格:25415円(税込、送料無料) (2018/1/19時点)

現在も、快適にサクサク動いてくれています。動画作成や画像加工なども余裕にこなしてくれています。普通に文章作成やネットを見るくらいなら、市販の安いものではいいかと思いますが、高性能パソコンなら、市販よりも自作の方が性能は良いと思います。

ぜひ、組立パソコンにチャレンジしてはどうでしょうか。

組立パソコン

-パソコン(ハード)
-, , , , ,

Copyright© PCTips , 2019 All Rights Reserved.